特集

Gender×JAPAN

シンクタンクの男女格差を示す指数で、日本は146カ国中116位。深刻なジェンダーギャップを解消するには?

特集一覧

「性別ないです」 井手上漠さんを変えた“自分らしさ”とメーク

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える井手上漠さん=東京都千代田区で2022年2月17日、大西岳彦撮影
インタビューに答える井手上漠さん=東京都千代田区で2022年2月17日、大西岳彦撮影

 ふわりと揺れる長い髪に、メークで彩られた目元や唇。2018年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で「可愛すぎる男子高校生」として注目されたモデルの井手上漠さん(19)。若者を中心に支持を集め、自身について「性別ないです」と説明する。幼い頃から「男の子らしさ」を求められて悩む中、自信を持つきっかけになった一つがメーク。性別や“普通”にとらわれないこと、メークの魅力や楽しさ……。井手上さんにインタビューすると、のびやかに自分らしく生きること、多様性を認め合うことの大切さを語ってくれた。【南茂芽育/社会部、高良昂佑/デジタルメディア局】

この記事は有料記事です。

残り4435文字(全文4707文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集