「失業等給付」料率、0.6%に引き上げ 改正雇用保険法成立

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 雇用保険料の引き上げを柱とした改正雇用保険法などが30日、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。失業手当に充てる雇用保険の「失業等給付」(労使折半)の保険料率は今年10月から、現在の0・2%(労使折半)から0・6%に引き上げられる。

 雇用保険は、労使折半の「失業等給付」「育児休業給付」と、企業だけが負担する「雇用保険二事業」(雇用安定事業・能力開発事業)がある。料率が据え置かれる「育児休業給付」(労使折半で0・4%)を含めると、労働者が負担する…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

あわせて読みたい

ニュース特集