連載

記者の目

最前線の記者がそれぞれの取材テーマを論じます。1976年にスタートした毎日新聞を代表するコーナー。

連載一覧

記者の目

廃プラはごみから「資源」に 企業参入促し市場活性化を=鈴木理之(東京科学環境部)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
家庭ごみとして収集された廃ペットボトル=神戸市西区で、梅村直承撮影
家庭ごみとして収集された廃ペットボトル=神戸市西区で、梅村直承撮影

 使用済みの廃ペットボトルを巡り、清涼飲料メーカー各社が独自の回収ルート開拓に乗り出し、激しい争奪戦の様相を呈している。使い捨てプラスチックの使用削減を目指す「プラスチック資源循環促進法」が1日施行された。プラスチックごみを出さない社会づくりは喫緊の課題だ。実現のカギは、リサイクル市場全体の活性化にあると考える。プラ素材の中で最もリサイクルが進む廃ペットボトルの現状からその糸口を考えたい。

この記事は有料記事です。

残り1655文字(全文1851文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集