特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

自民、異例の「不戦敗」 参院選山形の候補擁立見送り 党内に不満も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
会談に臨む(左から)国民民主党の榛葉賀津也幹事長、自民党の茂木敏充幹事長、公明党の石井啓一幹事長=国会内で2022年3月16日午後1時2分、竹内幹撮影
会談に臨む(左から)国民民主党の榛葉賀津也幹事長、自民党の茂木敏充幹事長、公明党の石井啓一幹事長=国会内で2022年3月16日午後1時2分、竹内幹撮影

 自民党が、夏の参院選山形選挙区(改選数1)で独自候補の擁立を見送る調整に入ったことで、2022年度当初予算案に賛成するなど与党への接近をはかる国民民主党との事実上の選挙協力が進むことになる。自民執行部は野党分断に期待するが、国政選挙では異例となる「不戦敗」に、自民党内には「参院選に向けた党全体の士気にも関わる」といった不満もくすぶる。

 岸田文雄首相が安定政権への足がかりと位置づける夏の参院選で、勝敗のカギを握る改選数1の「1人区」は32。自民が候補者を決定していないのは、山形と宮城の2選挙区のみだ。世耕弘成参院幹事長は1日の記者会見で、山形の候補者調整について「すべての選挙区で候補を立てることは重要だ。一方で、それぞれの選挙区の事情もある」と指摘。そのうえで「最終的に党本部の判断だ」と語った。

 国民民主は3月22日の参院本会議で22年度当初予算に賛成するなど、今国会で「…

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1328文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集