連載

時の在りか

「靖国」など日本の戦後をテーマに取材を続けている伊藤智永編集委員が、政治を「座標軸」に鋭く論じます。

連載一覧

時の在りか

部活、民営化されるってよ=伊藤智永

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
=大阪市生野区で、山崎一輝撮影
=大阪市生野区で、山崎一輝撮影

 縁あって地元小学校の卒業式をのぞいたら、卒業生全員が1人ずつ中学生活への抱負を発表していた。意外だったのは、部活動への期待を具体的に語った児童が半数近くもいたことだ。野球、サッカー、陸上、水泳、ダンス、音楽……。

 親や上級生からの伝聞、日本社会に広く浸透する部活の楽しげなイメージを元に夢を膨らませているのだろう。果たして進学先の学校は、彼らの希望にどれだけ応えられるか。それどころか文部科学省が、遠からず学校の部活「廃止」をひそかに企てていると知ったら……。

 文科省はそうは言わない。聞いても認めない。でも、取材記者は直感で確信する。文科省の本音は、部活をやめたがっているんだな。先生の負担が重すぎるのと、少子化で学校単位の活動が成り立たなくなるので、それが避けがたい流れなのだ。

この記事は有料記事です。

残り1734文字(全文2076文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集