入賞作品135点を展示 「花祭り書道展」8日まで 下関 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
入賞作品が並んだ会場
入賞作品が並んだ会場

 「第48回花祭り書道展」(下関仏教同盟済世会主催、毎日新聞社後援)が、下関市竹崎町のシーモール下関2階サンパティオで開かれている。8日まで。

 お釈迦様の誕生日を祝う花祭り(8日)に合わせて毎年実施しており、2022年は市内の書道教室に通う幼児と小中学生から計434点の応募があった。

 会場には入賞作品135点を展示。「はる」や「釈尊」、「智恵」などの課題を力強く書いたものが並んでいる。入賞者に勤務先の卒園生の名前を見つけたという市内の幼稚園教諭の女性(62)は「成長を感じます。うれしいですね」と笑顔で展示を眺めていた。【部坂有香】

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文890文字)

あわせて読みたい

ニュース特集