特集

札幌冬季五輪招致

2030年冬季オリンピック・パラリンピック開催へ向けて、札幌市が招致活動を進めています。招致の動き、課題をリポート。

特集一覧

札幌五輪招致 前市長「明確なビジョンで負のイメージ拭うべきだ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
上田文雄氏=札幌市中央区で2022年3月30日午前11時42分、真貝恒平撮影
上田文雄氏=札幌市中央区で2022年3月30日午前11時42分、真貝恒平撮影

 2030年冬季オリンピック・パラリンピックの札幌招致を巡り、市が市民1万人を対象にした郵送調査で「賛成」「どちらかといえば賛成」が52%となり、薄氷の過半数だった。市議会は招致を支持する決議案を賛成多数で可決。市民と行政・議会に微妙な温度差もある中、招致への理解を広げるためには何が求められているのか。市長在任時の14年に26年冬季五輪招致を表明した上田文雄・前札幌市長(73)に聞いた。【聞き手・真貝恒平】

 ――五輪招致はいつから始まったのですか。

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1431文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集