特集

第80期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が挑戦する第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

「味が悪かった」規定変更 名人戦、今期から何が変わるのか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
過去の棋戦で提供されたビーフカレー。昼食時間などが繰り上げられる今期名人戦。時間変更は戦いに影響するか?=尾籠章裕撮影
過去の棋戦で提供されたビーフカレー。昼食時間などが繰り上げられる今期名人戦。時間変更は戦いに影響するか?=尾籠章裕撮影

 第80期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)が6日に東京都文京区のホテル椿山荘東京で開幕する。今期から対局規定が一部変更され、昼食休憩や2日目夕方の休憩時間が繰り上げられた。その理由とは――。【丸山進/学芸部】

 今期の主な変更点は▽昼食時間(前期まで午後0時半~午後1時半)を1日目、2日目ともに30分ずつ繰り上げて正午~午後1時にする▽2日目夕方の休憩(前期まで午後6時~午後6時半)を1時間繰り上げて午後5時~午後5時半にする――の2点。対局開始時間(午前9時)と封じ手番を決める時間(1日目午後6時半)に変更はない。

「味」が悪かった夕休憩

 日本将棋連盟によると、まず規定見直しの俎上(そじょう)に上ったのは夕方の休憩時間。これまで休憩に入っていた2日目の午後6時は対局が終盤の佳境に差し掛かり、残り持ち時間が1時間を切っていることもある。そこで…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文901文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集