連載

かながわ多才多彩・この人に聞く

毎日新聞デジタルの「かながわ多才多彩・この人に聞く」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

かながわ多才多彩・この人に聞く

吹奏楽の魅力を発信 サックス奏者、ラジオパーソナリティー 手錢葵子さん(28) /神奈川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
手錢葵子さん=本人提供
手錢葵子さん=本人提供

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で活動が制限されることも多い音楽業界。横浜市出身の手錢葵子さん(28)は、サックス演奏だけではなく、ラジオパーソナリティーや司会業にも挑戦して吹奏楽の魅力を多くの人に伝え、状況を打開しようとしている。新たな活動への思いを語ってもらった。【聞き手・宮島麻実】

 ――音楽と関わるようになったきっかけを教えてください。

 ◆5歳の時にピアノを習い始めたのがきっかけだ。中学校で吹奏楽部に入り、人気映画「スウィングガールズ」で主人公が演奏していた姿に憧れていたのでサックスを選んだ。高校でも音楽を専門的に学びたいと、芸術科音楽専攻があった県立相模原弥栄高校(相模原市中央区)に進んだ。

この記事は有料記事です。

残り1139文字(全文1443文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集