連載

アンコール

あの感動の調べをもう一度。注目公演の模様を鑑賞の達人がライブ感たっぷりに再現します。

連載一覧

アンコール

東京・春・音楽祭 ムーティ率いる東京春祭オーケストラで開幕

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
今年も同音楽祭のために来日し、その開幕を飾ったリッカルド・ムーティ (C)Spring Festival in Tokyo 2022-Taira Tairadate
今年も同音楽祭のために来日し、その開幕を飾ったリッカルド・ムーティ (C)Spring Festival in Tokyo 2022-Taira Tairadate

 今年で18回目となる国内最大級の音楽祭である東京・春・音楽祭が去る3月18日、リッカルド・ムーティ指揮、東京春祭オーケストラの演奏会で開幕した。冒頭、ムーティはマイクを手にロシアによるウクライナ侵攻を受けて平和の尊さを説くメッセージを発してから演奏を始めた。この公演の模様を振り返る。(宮嶋極)

「演奏の前にひと言、お話ししたい」と切り出したムーティは「世界が激動する中で、音楽を演奏することは私たち、とりわけ若い音楽家にとって大きな困難を要することです。これはもちろんウクライナのことを考えてのことであります。ベートーヴェンがその思いを音楽に託したように、音楽は(人類に)調和、美、平和、兄弟愛をもたらします。その一方で罪のない一般市民が殺害され、女性、男性、子どもたちから自由や正義、尊厳が奪われている現実を知りながら音楽を演奏することは容易ではありません。しかし、どんな状況にあっても音楽を絶やしてはいけない」と説いた上でヴェルディの「シモン・ボッカネグラ」からシモンの言葉である「私は〝平和を!〟と叫びながら進んでいく。私は〝愛を!〟と叫びながら進んでいく」との一節を引用した上で「私たちはこの精神とともに皆さま(客席の聴衆)のために、ウクライナの人々のために、そして世界中の苦しんでいる人々のために演奏します」と語り演奏を開始した。

音楽祭の開幕を担ったムーティと東京春祭オーケストラ=東京文化会館で3月18日 (C)Spring Festival in Tokyo 2022-Taira Tairadate
音楽祭の開幕を担ったムーティと東京春祭オーケストラ=東京文化会館で3月18日 (C)Spring Festival in Tokyo 2022-Taira Tairadate

 1曲目のモーツァルトの交響曲第39番は柔らかなサウンドを基調とした音楽作り。テンポ設定や旋律の処理の仕方は20世紀までのモーツァルト演奏のスタンダードともいえるスタイルであった。これは昨年11月、ムーティが指揮したウィーン・フィル日本公演におけるモーツァルト交響曲第35番でも同じであった。古楽演奏の要素を取り入れるなどの流行に左右されないムーティの信念が窺える。それでも古びて聴こえるようなことはなく、美しく優雅なモーツァルトは、ウクライナで苦しむ人々への優しい眼差しのようにも感じられた。なお、ムーティは第4楽章の展開部・再現部も含めてすべての繰り返しを実行したため、演奏時間は約35分に及んだ。このあたりは最新のスタイルに準拠しているわけで、その点から考えると前述した響きの作り方はやはり彼の確信に基づいた解釈であるといえる。

 休憩を挟んで演奏されたシューベルトの未完成交響曲はとても強い印象を残すものであった。これまで聴いたことがないほどのダイナミックな変化に富んでおり、第1楽章展開部の激しさは驚くべきものであった。こじつけかもしれないが、筆者には軍事侵攻という蛮行を続けるロシアに対する怒りのようにも聴こえた。金管楽器の力強いフォルティシモとそれを支える弦楽器セクションの厚い響きは見事であった。ただ、ティンパニが2度ほどムーティから音量を抑えるようにと思われる合図を送られていた。筆者には音量が大きすぎるというよりは、音質が硬すぎるように感じられた。マレット(バチ)の選択の問題であろう。ヨーロッパのオーケストラに比べると日本の若いティンパニ奏者のサウンドは硬質であることが多い。この日も若い奏者であったが、音の輪郭を強調するのではなく、オケ全体のハーモニーの底辺を支えるような意識をもっと強く持った方がムーティの求めるサウンドに近づけたのではないかと思う。

 最後はシューベルトのイタリア風序曲。ムーティならではの選曲といえるが、未完成交響曲のドラマティックな音楽から一転、南イタリアの青空を連想させるような明るく軽やかな音楽運びで、さっそうとした雰囲気を醸成して演奏会を締めくくった。

 東京春祭オーケストラは圧倒的名演を披露した昨年のヴェルディ「マクベス」とほぼ同じメンバーであった。コンサートマスターを務めた長原幸太(読響コンマス)、辻本玲(N響首席チェロ奏者)ら東京を中心に全国のオケでコンマスや首席奏者を務める若手・中堅の名手が集められていた。いわゆる臨時編成のオケなのだが、その均質性は目を見張るものがありムーティの棒の下、普段から一緒にアンサンブルを繰り広げている集団のような一体感をもって指揮者の指向する音楽を具現化していた。これもムーティの手腕とカリスマ性によるところなのであろう。演奏の正味時間は1時間半弱の短い公演であったが、その満足度は大きかった。

公演データ

【東京・春・音楽祭 リッカルド・ムーティ指揮 東京春祭オーケストラ演奏会】

3月18日(金)19:00 東京文化会館大ホール

指揮:リッカルド・ムーティ

管弦楽:東京春祭オーケストラ

コンサートマスター:長原幸太

モーツァルト:交響曲第39番変ホ長調 K.543

シューベルト:交響曲第8番ロ短調 D759「未完成」、イタリア風序曲ハ長調 D591

筆者プロフィル

宮嶋極(みやじま・きわみ) 毎日新聞グループホールディングス取締役、番組・映像制作会社である毎日映画社の代表取締役社長を務める傍ら音楽ジャーナリストとして活動。「クラシックナビ」における取材・執筆に加えて音楽専門誌での連載や公演プログラムへの寄稿、音楽専門チャンネルでの解説等も行っている。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集