連載

あした元気になあれ

小国綾子記者の「元気」を追いかけるコラム。

連載一覧

あした元気になあれ

校則と「ヘアカットの日」=小国綾子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1885年(明治18年)には、日本髪は手入れが大変なうえに、不潔不経済ということから日本髪を廃止し、新しい髪形にしようという「婦人束髪会」が設立された。和服に似合う新しい髪形が提案され、髪形絵が広まった。
1885年(明治18年)には、日本髪は手入れが大変なうえに、不潔不経済ということから日本髪を廃止し、新しい髪形にしようという「婦人束髪会」が設立された。和服に似合う新しい髪形が提案され、髪形絵が広まった。

 4月5日は「ヘアカットの日」。1872年のこの日、東京府(当時)が「女子の断髪禁止令」を出したのが由来だ。女性に髪の毛を切るなと禁じた日が「ヘアカットの日」だなんてなんだかなあ。

 前年の71年、明治政府は「散髪脱刀令」を出した。「散髪脱刀勝手たるべし」。髪形を身分で縛らない。ざん切り頭をたたいてみれば文明開化の音がする、だ。ところが女性も髪を切り始めたら、「長い黒髪こそ女性らしさ。髪を切るのはまかりならん!」と「女子の断髪禁止令」が出された。

 当時、日本髪を結うのは大変で、しかも油で固めた髪を洗うのは半日がかり。結局、金銭面の負担や衛生面の懸念を女性たちが訴え、日本髪は徐々に姿を消していく。それでも、日清戦争や日露戦争の時期、ナショナリズムの高揚を背景に「長い黒髪こそ日本人女性の美」なる価値観が亡霊のように復活。再び、日本髪が推奨されたこともあったようだ。

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文940文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集