狭山茶に新たな味わい 入間市、日本薬科大ら共同開発 フレーバーティー4種販売 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新たに開発された4種類のフレーバーティー=埼玉県入間市博物館で2022年3月30日、清藤天撮影
新たに開発された4種類のフレーバーティー=埼玉県入間市博物館で2022年3月30日、清藤天撮影

 地域振興で協定を結んだ入間市と日本薬科大(伊奈町)、NTT東日本埼玉西支店(川越市)は、入間市内の茶業者とも協力し、狭山茶のフレーバーティー4種類を開発した。製造した清水園製茶工場、田中製茶園、千歳園、法師園の各茶園や市役所などで販売している。

 地域資源の活用として、若い女性をターゲットに、特産の狭山茶をベースにしたフレーバーティー開発を進めた。NTTがプロジェクトマネジメントを担当。市は、製造する茶業者や、市内の中学高校からパッケージデザインを募集。日本薬科大…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

あわせて読みたい

ニュース特集