「湯屋の辻の道標」復元 再び元の場所に 東峰村で発見の下半分と連結 中津 /大分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
復元された湯屋の辻の道標の前で開かれたお披露目式=大分県中津市で2022年3月17日午後2時18分、宮本勝行撮影
復元された湯屋の辻の道標の前で開かれたお披露目式=大分県中津市で2022年3月17日午後2時18分、宮本勝行撮影

 かつて旅人の道案内の役割を果たし、下半分が約35キロ離れた福岡県東峰村で見つかった、江戸時代の「湯屋の辻の道標(みちしるべ)」が、上半分とつないで復元され、再び中津市相原に設置された。こうした経緯で道標が復元されるのは、極めて珍しいという。【宮本勝行】

 この道標は、宇佐神宮(宇佐市)につながる勅使街道だった県道沿いにある。測量で1811年にここを通過した伊能忠敬の日記に「湯屋村辻印」として登場する。上半分は1984年に用水路工事の際に発見され、地元のハートフル動物病院長の時松聖潤さん(57…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

あわせて読みたい

ニュース特集