特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

川本 三郎・評『国際外交の舞台で活躍した岩手の男たち 杉村陽太郎と新渡戸稲造』佐藤竜一・著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

平和のために尽力しながらも戦争をとめられなかった無念

◆『国際外交の舞台で活躍した岩手の男たち 杉村陽太郎と新渡戸稲造』佐藤竜一・著(日本地域社会研究所/税込み1760円)

 外交官には岩手県出身者が多いという。

 のちに首相となる原敬は若き日、天津駐在領事になっている。新渡戸稲造は後年、国際連盟の事務次長となった。

 さらに東京生まれだが父親が岩手県人だった杉村陽太郎(一八八四~一九三九)がいる。昭和のはじめ駐伊大使、駐仏大使を歴任した。

この記事は有料記事です。

残り1292文字(全文1510文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集