特集

ウクライナ侵攻

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻から1年。長期化する戦闘、大きく変化した国際社会の行方は……。

特集一覧

「ロシア軍は家族を皆殺しに」 ゼレンスキー氏、安保理で初演説

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ウクライナ情勢をめぐり、同国のゼレンスキー大統領は5日、国連安全保障理事会の会合で初めて演説した。ロシア軍による民間人の虐殺が起きた疑いがある首都キーウ(キエフ)郊外ブチャを視察したゼレンスキー氏は、ロシア軍による「戦争犯罪」を糾弾し、直ちに裁くよう要請。「安保理が保証すべき安全保障はどこにあるのか。安保理はあるが、まるで何も起きていないかのようだ」と述べ、国連改革を求めた。

 「ロシア軍はウクライナのために働く者を探し出し、意図的に殺害した。家の外で誰かを呼んだだけの女性を処刑した。大人も子供も家族を皆殺しにし、遺体を焼こうとした」。ゼレンスキー氏はそう語ると、ブチャは数多くの状況が似た町の一つに過ぎないと強調。「世界がまだ完全な真実を知らない都市はもっとある。どれもブチャと似ている」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文684文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集