「学歴がない」差別され仕事も選べず 73歳、人生初の学校へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 さまざまな理由で義務教育を十分に受けられなかった人が学ぶ公立夜間中学に今春、73歳の男性が入学する。戦後の混乱期を生きる中で一度も学校に通えず、学歴がないことで仕事も思うようにならないつらさを味わった。人生の新たな一ページに「周りの人は『何の意味があるの?』と思うかもしれないが、学ぶことは自分にとって満足感につながると思うのです」と語る。

この記事は有料記事です。

残り1823文字(全文1994文字)

あわせて読みたい

ニュース特集