風に飛ばされ文書1600枚紛失 京都府交通安全協職員、自宅保管中

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
京都府警本部
京都府警本部

 京都府警は7日、京丹後署が受理した、運転免許更新に関する市民の個人情報が記載された文書約1600枚を、事務を委託している京都府交通安全協会が紛失したと発表した。協会の職員が書類を自宅で保管していたところ、強風に飛ばされてなくなったという。

 紛失したのは、警察署で運転免許を更新する際、後日講習を受けることを約束して氏名と電話番号を記入して提出する誓約書。個人情報の悪…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

あわせて読みたい

ニュース特集