JAふくおか嘉穂、11月に複合型直売所を開設 カホテラス、福岡や田川からも集客見込む /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「カホテラス」の中核となる農産物直売所「かほ兵衛の台所」の完成予想図=JAふくおか嘉穂提供
「カホテラス」の中核となる農産物直売所「かほ兵衛の台所」の完成予想図=JAふくおか嘉穂提供

テナント7店舗、誘致予定 メインの「かほ兵衛の台所」

 飯塚市と嘉麻市、桂川町をエリアとするJAふくおか嘉穂(大塚和徳組合長、本所・飯塚市)は11月、農産物直売所やドラッグストアなどのテナントを備えた複合施設「カホテラス」を飯塚市鶴三緒に開設する。八木山バイパスに直結する飯塚庄内田川バイパス(国道201号)沿いにあり、福岡や田川方面などからの集客も見込んでいる。

 JAふくおか嘉穂によると、敷地面積約4万1700平方メートル。鉄骨平屋の農産物直売所(床面積約2800平方メートル)の他、ドラッグストアや和食レストラン、整骨院など7店舗程度の誘致を予定している。駐車場は一般車両約400台と大型バス6台。約3000平方メートルの芝生広場も設け、季節に合ったイベントを開く。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文621文字)

あわせて読みたい

ニュース特集