横浜市大教授、パワハラ繰り返し停職処分 複数の教職員に対し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
学校(写真はイメージ)=ゲッティ
学校(写真はイメージ)=ゲッティ

 横浜市立大は8日、複数の教職員に対して長時間の叱責や威圧的な言動などのパワーハラスメント行為を繰り返したとして、国際総合科学群の50代の男性教授を停職5カ月の懲戒処分としたと発表した。処分は7日付。

 発表によると、男性教授は2020年11月~21年8月、教職員1人を長時間叱責したほか、複数の教職員…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

あわせて読みたい

ニュース特集