キャプテン翼「南葛SC」リアル版 スター集結、Jリーグ入りなるか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「2022キックオフカンファレンス」で質問に答える稲本潤一選手(右から2人目)。高橋陽一代表兼オーナー(同3人目)、今野泰幸選手(左端)、伊野波雅彦選手も登壇した=東京都葛飾区で2022年3月14日午後7時34分、柳澤一男撮影
「2022キックオフカンファレンス」で質問に答える稲本潤一選手(右から2人目)。高橋陽一代表兼オーナー(同3人目)、今野泰幸選手(左端)、伊野波雅彦選手も登壇した=東京都葛飾区で2022年3月14日午後7時34分、柳澤一男撮影

 サッカー漫画の金字塔「キャプテン翼」に登場するチームと同名のサッカーチーム「南葛SC」(活動拠点・東京都葛飾区)をご存じだろうか。代表兼オーナーは、漫画の作者でもある高橋陽一さん(61)。チームが所属するのは、プロトップリーグのJ1から数えて「5部」に相当する関東サッカーリーグ1部で、漫画に比して全国的な知名度はまだまだだ。しかし、チームは今シーズン、元日本代表の4選手を迎える大幅な補強を行った。J3以上の「Jリーグ」入りを目指し、大きな一歩を踏み出したチームを取材した。

稲本、今野…元日本代表「夢のよう」

 新加入したのは、稲本潤一(42)▽今野泰幸(39)▽伊野波雅彦(36)▽関口訓充(36)の4選手。3月14日、チーム体制や活動方針を表明する「2022キックオフカンファレンス」が区内で催され、関口選手を除く3選手や高橋代表、地元の青木克徳区長や区議らが参加した。

 この場で、稲本選手…

この記事は有料記事です。

残り2131文字(全文2529文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集