「世界トップ100に10校を」安倍政権が描いた大学成長戦略の現状は

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
成長戦略を雄弁に説明していた在任当時の安倍晋三元首相=首相官邸で2014年6月24日午後6時44分、藤井太郎撮影
成長戦略を雄弁に説明していた在任当時の安倍晋三元首相=首相官邸で2014年6月24日午後6時44分、藤井太郎撮影

 2013年に当時の安倍晋三政権が「今後10年で世界大学ランキングのトップ100に日本の10校を入れる」と掲げた成長戦略の達成期限が2023年に迫った。この間、文部科学省は大学の国際競争力アップを目指して「指定国立大学法人制度」や「スーパーグローバル大学創成支援事業」といった手を打ってきたが、最新ランキングで100位以内に入っているのは東京大と京都大のみ。目標達成の見通しは立たない。

 安倍政権が重視していたランキングの一つが英教育誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(THE)のもので、21年秋に出た最新ランキングでは東大が35位、京大が61位。東北大が201~250位、大阪大が301~350位と続いた。

 安倍政権が「世界トップ100に10校」という成長戦略を閣議決定した13年当時、前年秋に発表されたランキングは東大が27位で京大が54位、東京工業大が128位、東北大が137位、大阪…

この記事は有料記事です。

残り1994文字(全文2393文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集