特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

「ロシアが国内で爆破工作」の情報 ウクライナのテロに偽装か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
街中に出現した「Z」の文字=ロシア・サンクトペテルブルクで2022年4月9日、AP
街中に出現した「Z」の文字=ロシア・サンクトペテルブルクで2022年4月9日、AP

 ロシアによるウクライナ侵攻を巡り、「露特殊機関がロシア国内やロシアが支配するウクライナ南部クリミア半島で民間アパートを爆破し、ウクライナ側によるテロ工作に見せかけようとしている」との未確認情報が浮上している。人権団体「グラーグ・ネット」のオセチキン代表が10日、衛星テレビ「ベルサット」に出演し、明らかにした。ロシアの特殊機関関係者とみられる匿名の人物から、メールでテロ計画の内部情報が寄せられたという。

 オセチキン氏が明らかにしたメールによると、爆破テロはクリミアやウクライナと国境を接するロシア南西部ベルゴロド州で計画されているという。標的は民間施設で、特に「Z」や「V」の文字が描かれた高層アパートを選ぼうとしているという。これらの文字は、ウクライナ侵攻が始まって以降、露軍への支持を表明するシンボルとしてロシア国内で急に広まり、乗用車の車体や建物の壁に描かれるようになった。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文904文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集