「生活者目線」のルペン氏がマクロン氏猛追 仏大統領選、決選へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マリーヌ・ルペン氏(左)とエマニュエル・マクロン大統領=ロイター
マリーヌ・ルペン氏(左)とエマニュエル・マクロン大統領=ロイター

 フランス大統領選の第1回投票が10日に行われ、即日開票の結果、中道の現職、エマニュエル・マクロン大統領(44)が首位、極右「国民連合」のマリーヌ・ルペン氏(53)が2位となるのが確実になった。いずれも過半数に届かないため、両氏による決選投票が24日に行われる。新型コロナウイルス対策や外交政策への評価が高いマクロン氏を、減税などを主張し「生活者目線」を強調するルペン氏が猛追する構図となっている。一方、伝統的な保革2大政党の退潮が明確になった。

ルペン氏が最終盤で勢い加速

 決選投票でのマクロン氏とルペン氏の対決は、前回の2017年大統領選と同じ顔合わせとなる。

 開票作業は終了し、仏内務省の発表によると、得票率はマクロン氏が27・8%、ルペン氏が23・1%。

 3位以下は、急進左派のジャンリュック・メランション氏(70)が21・9%▽極右のエリック・ゼムール氏(63)が7・0%――など。中道右派・共和党のバレリー・ペクレス氏(54)が4・7%で5位、中道左派・社会党のアンヌ・イダルゴ氏(62)は1・7%で10位に沈み、伝統的な保革2大政党は、前回大統領選からさらに退潮が進んだ。

 12人が立候補する中…

この記事は有料記事です。

残り1991文字(全文2494文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集