「ドキドキくれた」岩手県の恩師ら、完全試合・佐々木朗希を祝福

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ロッテ-オリックス】四回表1死、バレラから三振を奪い、連続奪三振のプロ野球記録に並ぶ9連続三振を記録した佐々木朗=ZOZOマリンで2022年4月10日、スポニチ
【ロッテ-オリックス】四回表1死、バレラから三振を奪い、連続奪三振のプロ野球記録に並ぶ9連続三振を記録した佐々木朗=ZOZOマリンで2022年4月10日、スポニチ

 10日のオリックス戦(千葉・ZOZOマリンスタジアム)で、プロ野球史上16人目の完全試合を達成したロッテの佐々木朗希投手(20)。かつて佐々木を指導し、成長の道筋を描いた地元・岩手県の恩師たちは、どんな気持ちで“愛弟子”の偉業を見届けたのだろうか。

 佐々木が中学時代に所属した地区選抜チーム「オール気仙」で指導した布田貢さん(51)は、佐々木の連続奪三振記録を速報で追いながら「どこまで行くんだ」と驚くばかりだった。それでもスコアは中盤まで僅差の展開。「いい投球が結果(勝利)につながらないと、ムキになる子」と、佐々木の性格を知るからこそ心配したが、この日ばかりは杞憂(きゆう)に終わった。「すごいですね。あそこまでトントン拍…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文786文字)

あわせて読みたい

ニュース特集