闘病中の小4、折り紙でハートラちゃん 「僕の作品が全国に」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日赤本社で展示されているハートラちゃん
日赤本社で展示されているハートラちゃん

 心臓病と闘う山口県山陽小野田市立本山小4年の北永健人さん(9)が折り紙で作った日本赤十字社のマスコットキャラクター「ハートラちゃん」が、日赤本社(東京都港区)5階エントランスで展示されている。健人さんは「僕の作品が全国にどんどん広がっているよ」と喜んでいる。【柳瀬成一郎】

 北永さんは「ファロー四徴症」という先天性の心臓病を患い、3歳までに3度の手術を受けた。できることを伸ばす両親の教育方針で、得意なのは折り紙。各地のゆるキャラを折り紙で作り、地図に貼り付けた「日本全国ご当地キャラクター~コロナにまけるな~」は地元で2021年1…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文668文字)

あわせて読みたい

ニュース特集