特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

プーチン大統領に柔道家の姿を重ねるのは無理 山下泰裕氏が批判

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
プーチン露大統領について語る全日本柔道連盟の山下泰裕会長=東京都文京区の講道館で2022年4月12日午後5時3分、後藤奈緒撮影
プーチン露大統領について語る全日本柔道連盟の山下泰裕会長=東京都文京区の講道館で2022年4月12日午後5時3分、後藤奈緒撮影

 全日本柔道連盟の山下泰裕会長は12日、柔道の総本山である講道館(東京都文京区)で取材に応じ、ロシアのウクライナ侵攻について「今のプーチン氏に柔道家としての姿を重ねるのは無理がある。大きく変わってしまった」と批判した。プーチン露大統領は国際柔道連盟(IJF)の名誉会長などを務めたことがあり、山下会長と親交があった。

 山下会長は11日に自身の公式ホームページで、ウクライナ侵攻について「柔道の精神、目的に完全に反するもの。全く容認することはできない」と批判する見解を表明した。この時期に見解を示したことについて、山下会長は友人らに「親交があるならメッセージを出すべきだ」と勧められたことを明かし、「これまでは私にウクライナ侵攻を止めることはできないと思っていたが、ロシアのジェノサイド(大量虐殺)、非人間的な行動の数…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文489文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集