奥ゆかしさと穴場感 「日本の2番手」魅力発信へ 南アルプスの市民グループ、協会設立 /山梨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「2番の誇りを広めたい」と意気込む名取大介さん(中央)ら「日本N0.2協会」の事務局メンバー=山梨県南アルプス市で
「2番の誇りを広めたい」と意気込む名取大介さん(中央)ら「日本N0.2協会」の事務局メンバー=山梨県南アルプス市で

 2番でもいいんです――。富士山に次ぐ標高3193メートルの高峰、北岳がある山梨県南アルプス市の市民グループが「日本№2協会」をつくった。1番ではない自虐的な痛みや悔しさを逆手に、全国の2番ゆかりの団体と連携。トップの陰に隠れがちな魅力をアピールし、地域活性化につなげたい考えだ。

 立ち上げたのは地元で旅館を経営する名取大介さん(41)、市民活動コーディネーター新津幸さん(42)、市の集落支援員加賀美裕子さん(44)ら。「北岳のような微妙な立ち位置にも独特の存在感があるはずだ」との思いから、各地で同様な境遇の団体などと交流することを思い付いた。

 今年2月、名取さんが代表となって事務局を設立。札幌の次に古いという時計台、辰鼓楼がある兵庫県豊岡市出石町の観光協会と、琵琶湖の次に大きい霞ケ浦(茨城県かすみがうら市)の地元観光事業会社「かすみがうら未来づくりカンパニー」に参加を呼び掛けたところ賛意を得た。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文685文字)

あわせて読みたい

ニュース特集