場面緘黙症に理解を 田中大志さん監督 生駒で撮影の短編映画 来月1日上映 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
短編映画「そのこえ」について語る田中大志さん=奈良県生駒市で、塩路佳子撮影
短編映画「そのこえ」について語る田中大志さん=奈良県生駒市で、塩路佳子撮影

 全編生駒市内で撮影された短編映画「そのこえ」(40分)の上映会が5月1日、同市上町の北コミュニティセンターISTAはばたきで開かれる。脚本・監督はイスラエルの学校で映像製作を学んだ田中大志さん(27)=大阪府守口市=で、特定の場面で声が出なくなる「場面緘黙(かんもく)症」の青年が主人公の作品だ。

 物語は、家族以外と話せない青年が、勤務先の就労継続支援事業所で女性ダンサーと出会い、殻を破ろうとする姿を描く。セミの鳴き声や葉がこすれ…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

あわせて読みたい

ニュース特集