連載

くらしナビ・医療

暮らしに密接な医療はさまざまな情報が交錯します。信頼できる治療法や研究、気をつけたい症状などを紹介。

連載一覧

くらしナビ・医療

ギャンブル依存、裏に発達障害も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
相談者の男性(手前)の話を聞く高澤和彦さん=さいたま市浦和区の浦和まはろ相談室で
相談者の男性(手前)の話を聞く高澤和彦さん=さいたま市浦和区の浦和まはろ相談室で

 仕事帰りに毎日パチンコ通い、競馬に飲み代で借金は750万円――。字面だけ見れば「ギャンブル依存症」の会社員男性だが、過去をひもとくと、発達障害の特徴から目に見えない生きづらさを抱えていた。ギャンブルに依存する人の中には、男性のように隠れた発達障害の人がいると専門家は警鐘を鳴らす。

 ●生きづらさから

 「職場でうまくいかないストレスを晴らしたかった。パチンコで当たることが成功体験のように感じていた」。千葉県の会社員男性(46)は20代前半からパチンコにのめり込み、34歳までの12年間で750万円ほどの借金をした。

 大学卒業後に入った会社では営業を担当。一日中営業をかけては断られ続け、顧客を獲得できないと会社で怒鳴られた。疲れていても、仕事が終わればいつもパチンコ店にいた。誰かに認められたくて、飲食代を人におごることも積み重なった。

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1623文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集