通勤ラッシュのNY地下鉄で33発発砲、23人負傷 現場にガソリンか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
発砲事件が発生し、騒然とする事件現場=米ニューヨークで2022年4月12日、ロイター
発砲事件が発生し、騒然とする事件現場=米ニューヨークで2022年4月12日、ロイター

 米東部ニューヨーク(NY)市ブルックリンの地下鉄車内で12日朝(日本時間12日夜)、男が煙を充満させた上で銃を発砲し、10人が撃たれた。23人が負傷し、うち5人は重傷だが命に別条はないという。NY市警は、重要参考人として黒人とみられる62歳の男の行方を追っている。

 記者会見した市警幹部らによると、電車は駅のホームに入る直前だった。男は建設用のヘルメットやベスト、医療用マスクを着用し、バッグから取り出した発煙弾2本を使った。煙が車両内に広がる中、男は乗客に向かって銃を計33発、発砲したという。

 現場からは拳銃やガソリンとみられる液体、おの、花火、弾倉などが見つかった。市警幹部によると、発砲した男は8駅手前から乗車。付近で不審な車が見つかり、重要参考人の男はこの車を借りていた。市警幹部は「現時点ではテロ事件としては捜査していない」としている。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文732文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集