毎日テニス選手権100回 松岡修造さんが得た「気づき」「自信」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
毎日テニス選手権への出場経験があり、現在はスポーツキャスターなどで幅広く活躍している松岡修造さん=ヒーローズマネジメント提供
毎日テニス選手権への出場経験があり、現在はスポーツキャスターなどで幅広く活躍している松岡修造さん=ヒーローズマネジメント提供

 日本テニス協会公認大会で最も歴史があり、国内最大規模を誇るテニストーナメント「毎日テニス選手権」(毎日新聞社主催、テニスユニバース特別協賛)は今年、100回大会を迎える。1919(大正8)年にスタートし、「毎トー」の愛称で親しまれている大会が5月に開幕するのを前に、第64回(85年)大会に出場した元テニスプレーヤーの松岡修造さん(54)に当時の思い出や大会への期待を語ってもらった。

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1333文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集