伊賀流の里で学ぶ「忍者学」 三重大と連携し6テーマで講座

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2022年度前期忍者・忍術学講座「忍者学研究の展開」のチラシ
2022年度前期忍者・忍術学講座「忍者学研究の展開」のチラシ

 三重大学伊賀サテライト伊賀連携フィールドが主催する全6回の忍者・忍術学講座「忍者学研究の展開」が4~9月、三重県伊賀市上野丸之内のハイトピア伊賀で開かれる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で対面の講座は2020年2月以来。

 コロナ禍対策で定員40人の予約制。4月講座の締め切りは15日。

 各月のテーマと講師は次の通り(時間は全講座午前10時半~正午)。

 4月講座(23日)米国議会図書館所蔵史料からわかった忍者(山田雄司・三重大学人文学部教授)。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文559文字)

あわせて読みたい

ニュース特集