迂回路の橋、26年度完成 高尾山古墳 トンネルは28年以降 /静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北側から見た高尾山古墳を迂回する橋とトンネルの完成予想図=静岡県沼津市提供
北側から見た高尾山古墳を迂回する橋とトンネルの完成予想図=静岡県沼津市提供

 沼津市は13日、3世紀前半の前方後方墳・高尾山古墳(沼津市東熊堂)の迂回(うかい)道路(沼津南一色線)の完成時期について「東側2車線の橋が2026年度前半、西側2車線のトンネルが令和10年代(28~37年)前半」と公表した。一方、国史跡の指定は23年9月を目指すとしている。

 13日の市議会建設水道・文教産業両委員会の連合審査会で明らかにした。計画では、22年度は古墳の東側のり面の保護工事を実施する。23~25年度に東側の橋を建設。橋が完成した26年度前半から暫定2車線で…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

あわせて読みたい

ニュース特集