特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ侵攻は「途上国への攻撃」 国連事務総長が毎日新聞に寄稿

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
グテレス事務総長=米ニューヨークの国連本部で2021年8月13日、隅俊之撮影
グテレス事務総長=米ニューヨークの国連本部で2021年8月13日、隅俊之撮影

 ロシアによるウクライナ侵攻は民間人被害など戦火による人道危機をもたらしているだけでなく、食糧不足や物価高騰を通じて発展途上国の人々を脅かしている。国連のアントニオ・グテレス事務総長は毎日新聞に寄稿し、この戦争を「開発途上国への静かな攻撃」と批判して即時停戦を呼びかけた。

 「餓死寸前の人々を救うため、飢えた人たちの食糧を回すという究極の選択に直面して…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集