流通4社決算 セブン11年ぶり売上高首位 内食で損益改善

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 スーパー、コンビニなど流通大手4社の2022年2月期連結決算が14日、出そろった。新型コロナウイルス下の行動制限が続いた中、自宅で調理する内食や弁当などを持ち帰る中食といった需要が寄与し、4社とも最終(当期)損益が好転した。海外コンビニ事業を拡大したセブン&アイ・ホールディングスは、売上高でイオンを抜き11年ぶりの首位に…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

あわせて読みたい

ニュース特集