パナソニック、工場1棟の電力をクリーンエネルギーに 実証開始

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
水素燃料電池や太陽光発電などを組み合わせて工場で使う一部の電力をまかなうパナソニックの実証施設=滋賀県草津市で2022年4月15日午後2時51分、妹尾直道撮影
水素燃料電池や太陽光発電などを組み合わせて工場で使う一部の電力をまかなうパナソニックの実証施設=滋賀県草津市で2022年4月15日午後2時51分、妹尾直道撮影

 パナソニックは15日、草津工場(滋賀県草津市)で、燃料電池と太陽光発電、蓄電池を組み合わせて、工場で使う電力の一部をまかなう実証施設の稼働を開始した。クリーンエネルギーとして注目される水素を本格的に活用し、使用電力の多い工場での二酸化炭素排出ゼロを目指す。

 工場のうち、燃料電池の製造工場1棟の電力(最大約680キロワット)をまかなう。敷地の一角にパネルを並べた太陽光発電は最大約570キ…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集