「とんがりぼう」旧藤枝製茶貿易商館が新愛称 お茶文化発信 静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
旧藤枝製茶貿易商館を一部移築して整備された「とんがりぼう」=静岡県藤枝市の蓮華寺池公園で2022年4月11日午後1時29分、皆川真仁撮影
旧藤枝製茶貿易商館を一部移築して整備された「とんがりぼう」=静岡県藤枝市の蓮華寺池公園で2022年4月11日午後1時29分、皆川真仁撮影

 静岡県藤枝市若王子の蓮華寺池公園内に、「とんがり屋根の洋館」と呼ばれた明治時代の建物を部分移築し整備された観光施設「とんがりぼう」がオープンした。静岡の近代茶業の発展を彩った洋館にあやかり、茶の消費が伸び悩むなか、藤枝茶の魅力と茶文化を発信する役割が期待される。

 移築されたのは1901(明治34)年ごろ築の「旧藤枝製茶貿易商館」。元々は同市藤枝5にあり、外国商人を介さず茶の直接輸出を進めた貿易会社の事務所だった。3階部分のとがった屋根が目を引き、市民に親しまれてきた。このため市は老朽化した商館…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集