特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

弟の仏前にまだ手合わせられない 熊本地震6年、実感持てない兄

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
本震で犠牲となった大和晃さんの遺影の前で思いを語る兄翔吾さん=熊本県阿蘇市で2022年4月9日、平川義之撮影
本震で犠牲となった大和晃さんの遺影の前で思いを語る兄翔吾さん=熊本県阿蘇市で2022年4月9日、平川義之撮影

 2016年4月の熊本地震で2回目の震度7を観測した本震から16日で6年。熊本県南阿蘇村で土砂崩れに巻き込まれたとみられる同県阿蘇市の大学生、大和晃(ひかる)さん(当時22歳)の兄翔吾さん(29)は本震が起きた時刻と同じ16日午前1時25分、両親と現場近くで花を手向けた。「安心して。こっちは大丈夫だから」。一つ上の兄として気丈に振る舞いながら、まだ気持ちの整理はつかない。

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1293文字)

【熊本地震】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集