連載

御柱祭2022

 数えで7年に1度(6年に1度)、寅(とら)と申(さる)の年に行われる諏訪大社の神事。上社の本宮・前宮、下社の秋宮・春宮の4カ所の社殿に、御柱と呼ばれる巨大なモミの木を立てる。今年は4月2日に行われる。

連載一覧

御柱祭2022

「里曳き」は人力で コロナ対策一層強化 観光客の見物は自粛要請 /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 長野県諏訪大社の御柱祭「里曳(び)き」について、大総代でつくる実行委員会などは15日、上社、下社とも従来通り氏子が人力で曳行(えいこう)すると発表した。新型コロナウイルス感染対策を一層強化し、氏子の参加人数制限は考えていないとした。観光客の見物は自粛を要請しつつ、曳行や建御柱(たておんばしら)で制限する。上社は5月3~5日、下社は同14~16日に行う。

 「山出し」では初めて、トレーラー運搬した。里曳きは人力とする理由は、上社は距離が短く、お宮の境内を曳く▽混雑緩和のための日程変更をした▽下社は曳行路が広く3密を避けられることなどを挙げた。参加者にはワクチン接種を推奨し、毎日の体温測定と健康調査票記入は必須。下社は参加者の同居家族全員に14日間の健康観察も求める。上社は県内で、下社は諏訪圏域で、まん延防止等重点措置が取られる場合、曳行方法を改めて…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文547文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集