海響館に「黄金のヒラメ」 長門沖で捕獲 希少な成魚を展示 下関 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
関門海峡潮流水槽に展示されている「黄金のヒラメ」=山口県下関市あるかぽーとの市立しものせき水族館「海響館」で、部坂有香撮影
関門海峡潮流水槽に展示されている「黄金のヒラメ」=山口県下関市あるかぽーとの市立しものせき水族館「海響館」で、部坂有香撮影

 下関市あるかぽーとの市立しものせき水族館「海響館」に、皮膚が黄色い「黄金のヒラメ」が登場した。

 2022年1月22日に長門市沖の日本海で漁業者が釣り上げたもので、同月25日に海響館へ搬送された。捕獲時、体に傷があって一時衰弱していたが同館で消毒などの処置後、回復したため3月28日から展示を始めた。

 同館によると、ヒラメは通常、環境に合わ…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文409文字)

あわせて読みたい

ニュース特集