特集

ロッテ

プロ野球・千葉ロッテマリーンズの特集サイトです。

特集一覧

ロッテ佐々木朗希の降板 井口監督「先々考えるとあそこが限界」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ロッテ-日本ハム】力投するロッテの先発・佐々木朗希=ZOZOマリンスタジアムで2022年4月17日、前田梨里子撮影
【ロッテ-日本ハム】力投するロッテの先発・佐々木朗希=ZOZOマリンスタジアムで2022年4月17日、前田梨里子撮影

 10日にプロ野球史上16人目の完全試合を達成したロッテの佐々木朗希投手(20)が17日、千葉・ZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハム戦に先発し、一人の走者も出さない好投を続けながら八回限りで降板した。2試合連続の完全試合はならなかったが、ロッテの井口監督は試合後、佐々木朗の将来を見据えての決断だったことを明かした。

 佐々木朗は8回102球を投げ14奪三振と力投したが、最後は球速が落ちるなど疲労も見て取れた。井口監督は試合後、降板のタイミングについて「いろいろなことを加味して今日は100球弱と思っていた。本当に素晴らしい投球で、できれば我々も最後まで見ていたかったし、ファンの方も見たかったと思うが、先々を考えるとあそこが今日は限界だったと思う」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1082文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集