宇治茶レディ、決まる 市内の二俣さんら5人 /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第12代の「宇治茶レディ」に任命された5人=京都府宇治市宇治折居の京都府茶協同組合で、鈴木健太郎撮影
第12代の「宇治茶レディ」に任命された5人=京都府宇治市宇治折居の京都府茶協同組合で、鈴木健太郎撮影

 宇治茶の魅力をPRする第12代の「宇治茶レディ」(府茶協同組合主催)の5人が決まり、16日、宇治市宇治折居の同組合で任命式があった。5月2日に開催される「宇治新茶・八十八夜茶摘みの集い」を皮切りに1年間、宇治茶に関するさまざまなイベントに参加するほか、2023年宇治茶カレンダーのモデルも務める。【鈴木健太郎】

 第11代は2020年春に選ばれたが、新型コロナウイルスの感染拡大で事業の大半が中止となり、任期が1年延びていた。2年ぶりの募集となった今回は近畿、関東、中部地方から39人が応募。審査の結果、石川茉実佳さん(27)=大阪市▽喜多舞美さん(19)=滋賀県東近江市▽二俣結貴さん(23)=宇治市▽宮崎未来さん(21)=同▽金子桃世さん(21)=同――の5人が選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文548文字)

あわせて読みたい

ニュース特集