吉野家、役員の不適切発言謝罪 「生娘を薬漬けのように牛丼中毒に」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
吉野家の牛丼=同社ホームページより
吉野家の牛丼=同社ホームページより

 牛丼チェーン大手の吉野家は18日、同社役員が不適切な発言をしたとして、「多大な迷惑と不快な思いをさせたことに対し、深くおわび申し上げます」とする謝罪文を発表した。この役員は企画本部長の常務取締役で、東京都内で16日に開かれた社会人向け講座に講師として登壇した際に不適切発言をしたという。

 受講生とみられるネット交流サービス(SNS)への投稿によると、常務は若い女性向けのマーケティング戦略について「生娘をシャブ漬け戦略」と表現。「田舎から出てきたばかりの若い女の子を生娘なうちに牛丼中毒にする。男に高い飯をおごってもらうようになれば絶対に食べ…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

あわせて読みたい

ニュース特集