連載

あした元気になあれ

小国綾子記者の「元気」を追いかけるコラム。

連載一覧

あした元気になあれ

変えようジェンダー表現=小国綾子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「失敗しないためのジェンダー表現ガイドブック」
「失敗しないためのジェンダー表現ガイドブック」

 「『ワーキングマザー』って言葉、まだ使うの?」。10年前、知人からそう指摘されて、ドキリとした。当時子育て中だった私はこの言葉にむしろ愛着を感じ、記事にもよく使っていた。職場で働く母親がまだ少なかった時代、自分たちをつなぐ「名前」が必要だったし、周りにアピールする意味合いもあった。

 でも「ワーキングファーザー」なんて誰も言わない。「ワーキングマザー」という言葉は「母親は本来育児に専念すべし」というメッセージを暗に伝えかねない。だからあの日思った。「この言葉が役目を終える日が来ればいい」

 日本新聞労働組合連合に加盟する全国紙や地方紙の記者ら20人が出版した「失敗しないためのジェンダー表現ガイドブック」を読んだ。「美しすぎる市議」など具体事例を挙げ、ジェンダーの観点から問題提起していて、役に立つ。

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文946文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集