世界経済成長率 22年は3.6% IMF、大幅に下方修正

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
IMFの本部=米首都ワシントンで、中井正裕撮影
IMFの本部=米首都ワシントンで、中井正裕撮影

 国際通貨基金(IMF)は19日、最新の世界経済見通しを発表した。2022年の世界経済成長率を3・6%とし、1月の前回見通しから0・8ポイント減と大幅に下方修正した。ロシアによるウクライナ侵攻が資源価格高騰などのインフレ(物価上昇)を招き、新型コロナウイルス禍からの回復途上にある世界経済に深刻な影響を与えると分析した。

 IMFは、22年のインフレ率について、先進国が5・7%、新興国が8・7%と予測。前回からそれぞれ1・8ポイント、2・8ポイント上方修正した。ロシアは世界最大級の石油と小麦の輸出国で、半導体製造に必要な希少金属なども産出している。ロシアへの経済制裁でエネルギーや食料価格が上昇し、半導体不足による世界的な部品供給網の混乱で製造業の停滞を招くと見込んだ。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文855文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集