特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシア軍がウクライナ東部制圧へ大規模攻撃開始か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウクライナ部隊が立てこもるアゾフスターリ製鉄所(奥)=ウクライナ・マリウポリで2022年4月18日、ロイター
ウクライナ部隊が立てこもるアゾフスターリ製鉄所(奥)=ウクライナ・マリウポリで2022年4月18日、ロイター

 ウクライナのゼレンスキー大統領は現地時間の18日夜、ウクライナ東部ドンバス地方(ドネツク、ルガンスク両州一帯の総称)でロシア軍が「長い間準備をしてきた戦いを始めた」と明らかにした。首都キーウ(キエフ)周辺などから撤収した露軍は東部の完全制圧に向けた新たな攻勢を始めるとみられており、本格的な侵攻を開始した可能性がある。

 ウニアン通信によると、ゼレンスキー氏は「そこ(ドンバス)にはかなりの露軍部隊が攻勢のために集結した」と語り、「我々は(国を)守り、戦う。何も渡すつもりはない」と徹底抗戦の構えを見せた。ウクライナ大統領府のイエルマク長官も「戦争の第2段階が始まった」と宣言し、「我が軍を信頼してほしい」と呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1139文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集