特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

巧みに分散、プーチン氏の資産16兆円? 娘2人も制裁対象、効果は

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
幼少期のマリヤさんとカテリーナさん=ロシア大統領府のホームページから
幼少期のマリヤさんとカテリーナさん=ロシア大統領府のホームページから

 ロシアがウクライナ侵攻を続ける中、欧米や日本は対露制裁の対象を政権幹部の家族に広げている。網を広げた制裁は効果があるのか。その素顔を知られていないプーチン大統領の娘2人も対象にされている。

政権幹部やオリガルヒも制裁対象

 ロシアがウクライナに侵攻してから2週間が過ぎた3月10日。ツイッター上では、ラブロフ露外相の内縁の妻と、その娘のポリーナ・コワレワさんに関する衝撃的な情報が出回った。

 戸籍上、ラブロフ氏の義理の娘だというポリーナさん。21歳の時に、ロンドン中心部にある440万ポンド(約7億3250万円)相当のマンションを現金払いで購入していたことが明かされた。ラブロフ氏に20年近く連れ添ってきたポリーナさんの母親は、モスクワで複数の高級車を乗り回し、600万~800万ドル(約7億6800万~約10億2500万円)相当のマンションを所有することも暴露された。

 一連の情報を投稿したのは、ロシア政府高官らの汚職を調査する団体「反汚職基金」の女性幹部だ。ラブロフ氏が英国の対露政策を批判しながらも、義理の娘がロンドンで豪勢な生活を送っている「矛盾」などを指摘。「ポリーナと母親に制裁を科すべきだ」と訴えた。

 暴露された情報は反響を呼び、英外務省は3月24日にポリーナさんの在英資産を凍結し、渡航禁止対象に指定した。声明では「ロシアによる侵略の責任を負う者から利益を得ている者たちに対し、…

この記事は有料記事です。

残り2280文字(全文2876文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集