一足早い初夏の味覚 南アルプス・ハウス栽培サクランボ /山梨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
サクランボを収穫する手塚さん=山梨県南アルプス市で2022年4月19日、田中韻撮影
サクランボを収穫する手塚さん=山梨県南アルプス市で2022年4月19日、田中韻撮影

 全国有数のサクランボの産地である山梨県南アルプス市で19日、ハウス栽培されたわせ種「高砂」の収穫が始まった。一足早い初夏の味覚は、県内をはじめ首都圏や関西などの市場に出荷される。

 高砂は酸味と甘みのバランスが良く、市内で30年以上サクランボを栽培する手塚政広さん(73)がハウス内で赤く熟した果実を摘み取っ…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

あわせて読みたい

ニュース特集