大阪IRは「目指すところ違う」 松井市長、和歌山否決の影響否定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松井一郎・大阪市長
松井一郎・大阪市長

 和歌山県が進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致で、県議会は20日、国への区域整備計画の申請を承認する議案を反対多数で否決した。大阪市の松井一郎市長は20日、「大阪はメガバンクが融資を約束してくれている。和歌山とはIRで目指すところも違い、(否決で)大きな影響はない」と語った。

 人工島・夢洲(ゆめしま)へのIR誘致を…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文345文字)

あわせて読みたい

ニュース特集