生き抜く 忍者の知恵 「実践! 忍術の手引き」 山田・三重大教授が新刊 伊賀 /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「実践! 忍術の手引き」を手にする山田雄司教授。右は表紙と同じポーズをする浮田半蔵さん=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影
「実践! 忍術の手引き」を手にする山田雄司教授。右は表紙と同じポーズをする浮田半蔵さん=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 伊賀市の三重大学国際忍者研究センター副センター長の山田雄司・同大学人文学部教授が「実践! 忍術の手引き 生き抜いて任務を果たす忍者 30の知恵」(BABジャパン)を刊行した。表紙には伊賀流忍者博物館(伊賀市)で忍者ショーを演じる「伊賀忍者特殊軍団 阿修羅」リーダー(頭領(かしら))の浮田半蔵さんが登場している。

 武道・武術専門誌「月刊秘伝」(BABジャパン)の2019年7月号~22年1月号に「忍(しのび)の細道」のタイトルで30回執筆した連載を改題して本にした。発行日は「忍者の日」の2月22日にした。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文609文字)

あわせて読みたい

ニュース特集